つみきの住宅

収益物件で老後の心配を無くせる|安定した収入をゲット

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンションの管理での注意

マンション

マンション管理には様々な業務がありますが、適切な代行業者選びや予算管理が大切です。目的はマンションの資産価値を維持することであると定めて、大規模修繕などそのために必要なポイントを抑えておくことが重要です。

もっと見る

留守宅を活用する

スーツの女性

留守宅を利用し収入を得られることからリロケーションの人気は年々高まっています。また、リロケーションは管理に関しては全て管理会社が引き受けてくれるため、賃貸として貸し出している間も自宅について心配することはありません。

もっと見る

パーキング運用のメリット

車

駐車場経営は、有効活用できる土地があればすぐにはじめられます。更地に線をひき、清算機を設置するだけでも可能です。経営を始める前に調査を行い、収益が出る為の経営戦略を考えることが大切です。駐車場不足にも役立ちます。

もっと見る

収益の高い物件

模型とお金

大阪では資産価値の高い収益物件が注目されています。開発が進むことによって、経年による資産価値の下落リスクが少ない物件で賃貸運営を行うためです。収益物件の条件としては、まず購入金額に対しての家賃利回りが高いことが挙げられます。そして空室率が低いことも大事な要素です。たとえ家賃金額が高いとしても、空室となれば収入が無くなります。加えて、出費を減らすために維持費がかからないことも収益物件の条件となります。管理費や修繕費用がそれに該当します。そのような条件を満たすものとして、築浅の中古物件があります。大阪には多くの新築マンションが建設されていますが、新築は販売時に販売会社の利益となるプレミアム価格が上乗せされているからです。

大阪の収益物件は都市部を中心に多く存在します。まず賃貸需要の多い地区であれば、築浅のマンションは利回りが高いことから収益物件として人気を集めています。通勤に便利なところも、単身者をはじめとして賃貸需要に恵まれるので人気があります。ただし物件価格が高くなると利回りが低下するので、ある程度都心から離れたところが収益の面から良いとされます。大阪は今後も地価の上昇が見込まれています。そのために収益物件を探す動きはこれからも増えると予測されています。それがサラリーマンなどにも人気を集める理由です。さほど資金を投じることなく保有できることも理由となります。さらに賃借人の管理がしっかりしている管理会社が多いことも理由です。